アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/07/19 (Wed) メメント

memento.jpg


原題    Memento
公開    2000年
上映時間  113分
製作国   アメリカ

監督    クリストファー・ノーラン
脚本    クリストファー・ノーラン

出演    ガイ・ピアース
      キャリー=アン・モス
      ジョー・パントリアーノ


あらすじ
 ある日、保険会社の調査員であったレナードは、自宅に押し入り妻に暴行を加えた男に殴られ、記憶障害を負ってしまう。妻を殺され、自身も10分間しか記憶を保てなくなった彼は、日々犯人の行方を追っていた。重要な証拠は体に刺青として残し、知り合った人間を記録するために写真を撮るなど工夫をすることで、自らのハンディキャップを克服しながら、彼は次第に真相に近づいていく。





鑑賞日   17年7月16日
鑑賞方法  Netflix
評価    4点


レビュー
 クリストファー・ノーランの名前を世界に知らしめた、精巧に組み上げられたサスペンス映画です。前作『フォロウィング』でも時系列を交錯させるなど、既にその手法の片鱗は見えていましたが、今回はそれをストーリーの根幹として全面的に採用し、それが見事に功を奏したのです。

 よく時系列が逆転しているという点で話題に上りますが、厳密にいうと映画は2つのパートに分かれています。まずは実質上のエンディングからスタートし、10分毎の展開を描くたびに一つ前の時間へと戻るカラーの部分。そして主人公のレナードが何者かに電話をし、通常通り過去から未来へと時間が流れるモノクロの部分。何より見事なのは、この2つのパートが謎を提示しながらも、互いのエピソードのヒントとなるものを少しずつ露わにし、最後にはまさに「一つの線で繋がる」という文字どおりの経験を観客ができる点にあると思います。このギミックを用いながら、難しい映画だと感じさせつつも純粋に楽しめるものとして仕上げている点が、ノーランの中の作家性とエンターテイメント性のバランス感を明示しているでしょう。

 単純に個々のエピソードのつながりを見るのも大変面白いです。物語が急展開した後に、その答えが明かされるという一種のクイズのような構造になっているため、謎のすっきり感が得られること請け負いです。それに加え、映画の中で描かれる時間はさほど長くはないため、実際にはとてもスピーディーな展開となり、複雑ながらもテンポよく見られる点も素晴らしい。

 しかしながら、一つのサスペンスとして考えた時、よくよく考えると筋の通っていない、もしくは映画の中では明確に答えが提示されていないものもいくつかある点は気になります。そのロジック自体を重要な要素の一つとして取り上げるのであれば、できることなら漏れなく構成して欲しかったと思ってしまいます。もちろん、この映画以上に巧みに組まれた映画など無いに等しいことは前提なのですが。
 また登場人物の少なさが、予期せぬポイントで観客を混乱させているようにも感じられました。もちろん、毎回当然登場する協力者のテディなど、ミスリーディングとして成立しているキャラクターもいますが、話の中心には絡んでこないエピソードが意外にも複雑なのです。大筋とは関係のない部分で混乱し、見終わった後にモヤモヤとした感情が残るのは本来制作側が意図したものではないに違いないのです。

 結局のところ、『フォロウィング』と同様、登場人物の内面を深く考察する映画ではなく、純粋に脚本の組み立てや絶妙な緊張感を味わう映画なのです。レナードの憎悪や復讐にかられる気持ちは残念ながら伝わっては来ません。しかしながら、記憶を失うという主人公と同じ体験をできるという点で見た時、これほどまでに楽しめ優れた映画はこの世に存在しないでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<インソムニア | TOP | 千と千尋の神隠し>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/757-738197a4

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント