アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/07/20 (Thu) インソムニア

insomnia.jpg


原題    Insomnia
公開    2002年
上映時間  118分
製作国   アメリカ

監督    クリストファー・ノーラン
脚本    ヒラリー・セイツ

出演    アル・パチーノ
      ロビン・ウィリアムズ
      ヒラリー・スワンク


あらすじ
 アラスカにあるナイトミュートという小さな町で、17歳の少女ケイが何者かに撲殺された。ロサンゼルス市警の刑事ドーマーとエッカートは地元警察を支援するために現地に赴く。犯人の手がかりを見つけ、後一歩のところまで追い詰めるものの、ドーマーは犯人と間違えエッカートを誤射し殺害してしまう。それからというもの、一日中日が沈まない白夜の続く町で、罪悪感にさいなまされるドーマーは不眠症に陥る。そんな折に、真犯人からドーマーに直接連絡が来る。





鑑賞日   17年7月20日
鑑賞方法  DVD
評価    4点


レビュー
 通常、リメイク作品がオリジナルを超えるのはなかなかに難しいでしょう。近年の批評もしくは興行で失敗に終わったいくつかの作品を見れば、それは一目瞭然です。しかしながらノーランによるノルウェー映画のリメイクである本作は、そういった壁を乗り越え、自らもオリジナリティを持つような、まさにリメイクのお手本として仕上がっています。

 大まかなプロットはほぼ同じと言って差し支えがないでしょう。白夜の続く町で起きた事件というオリジナル版の設定をそのまま引き継ぐために、舞台をアラスカに置き換え、そのあとの流れも終盤を除き一緒です。もっとも、いくつかの重要なポイントを変えることで、物語の性質は全く持って異なります。

 その一つが主人公のキャラクター設定。オリジナル版のステラン・スカルスガルドよりも10歳以上年長のアル・パチーノが演じることで、経験の豊富さを前面に押し出しています。またそれに伴い、オリジナル版では根底に流れていた性的な側面を全面的に排除し、正義と悪の境界というテーマを明確に打ち出していました。この点に関して言えば、良い面も悪い面もあると言えるでしょう。
 まず主人公の「後ろ暗い過去」が全く異なるものにすり替えられたので、相棒を射殺してしまったことによる葛藤がより複雑で納得のいくものに変更されています。狂気じみた正義感というキャラクター自体、時折オーバーな演技になってしまうアル・パチーノが演じるにはぴったりの役柄です。不眠症に悩まされる姿も、スカルスガルドの抑えた演技も良いですが、今作の方がその疲労感などがはっきりと画面から伝わって来ます。実際、ここ20年の中では彼にとってベストに近い演技ではないでしょうか。
 反対に、オリジナルにあったジメジメとした陰鬱な雰囲気は皆無に近いです。独特のねっとりとした不気味さがなくなったことで、シンプルな事件のあらましが余計に浮き出てしまい、ありがちな刑事ものによってしまったことも事実です。ロビン・ウィリアムズ演じる犯人含め、事件に関わる人間の印象が一様に薄くなったことは欠点に違いありません。

 しかしながら、細かなポイントを注意深く見ていくと、この映画が如何にオリジナル版を研究しているか分かるはずです。ところどころ説明がなされずおざなりになっていた部分を、上記の変更点などを用いながらうまく理由づけていくことで、より緻密な構成になっています。だからこそ同じ出来事を描いていても、受け取る側(すなわち観客)は全く違う印象を受けるので、この映画自体を一つのオリジナル作品として捉えることができるのです。結末の改変については賛否両論あるかもしれませんが、少なくともこの一つの映画においては、一貫したテーマを伝える上でも最良の選択肢ではないでしょうか。

 その他のノーランによる作品に比べると極めてベーシックな作りで、インパクトのあるものではありませんが、一つのサスペンスとして考えれば、これほど満足感のあるリメイクにはなかなか出会えないのです。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<となりのトトロ | TOP | メメント>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/758-ef230f3b

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント