アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/07/30 (Sun) カーズ

cars.jpg


原題    Cars
公開    2006年
上映時間  116分
製作国   アメリカ

監督    ジョン・ラセター
脚本    ダン・フォーゲルマン/ジョン・ラセター 他

声の出演  オーウェン・ウィルソン
      ポール・ニューマン
      ボニー・ハント


あらすじ
 乗り物たちが生き物として住む世界。新人レーサーのライトニング・マックィーンは「ピストン・カップ」での初優勝を狙うも、自分の独りよがりな性格が原因となり、他の2台と共に同率1位となった。後日行われる決定戦に参加するために急いでカリフォルニアへ向かうが、道中トラブルに巻き込まれ、ルート66沿いに位置するラジエーター・スプリングスに流れ着いてしまう。その町は時代の流れと共に人々から忘れられ、遂には地図からも消えてしまうような寂れた町だった。





鑑賞日   17年7月29日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    3.5点


レビュー
 気づけばこの作品も10年以上も前の映画になっていることに驚きを隠せません。これが公開されることを知った時、「車を擬人化する」という突飛なアイデアが何とも奇妙に思えましたが、それが今ではディズニー内においても定番のキャラクターに。映画自体も続編やスピンオフが作られるほどに大きなフランチャイズになりました。

 さて現在、そのフランチャイズの足がかりとなったこの作品を改めて見ると、極めて王道と言えるストーリー構成が良くも悪くもこの作品を特徴づけていることがわかります。嫌味で友達のいない主人公が、暖かな人々(というより車々)との出会いを通じて勝利よりも大事なことを知る。いわゆるアニメにおける「定番」を崩してきたとされるピクサーにしては拍子抜けするほどシンプルなのです。

 決してこれがダメだと言いたいのではありません。むしろ生き生きとした各キャラクターの個性がよりはっきりと浮かび上がるので、各々が見せる掛け合いに思わず微笑んでしまうほどです。ギリギリ鬱陶しくないメーターや、イタリア車のルイジやグイド、ポルシェのサリーなど、皆バックグラウンドは違えど、町を愛し、非常に生き生きとした動きを見せてくれます。車になってもなお、最高に渋い演技を見せてくれるポール・ニューマンにも言及すべきでしょう。ドキュメンタリー作品を除けば、生前最後の出演作であったことを考えると、この映画の展開には胸を打たれます。

 またもう一つの主題である「時代の流れには逆らえない」という事実も、なかなかに奥の深いテーマです。近隣に高速ができたことで町に立ち寄る客がいなくなった現状を、住民の車たちは嘆きはするものの、それを決して否定するわけではありません。開発や人材の流出を単純に否定するのではなく、仕方ないものと受け止めた上でどう乗り越えていくのか。子供向けとは考えにくい「諦め」が、明るいキャラクターたちとの対比で一層際立つのです。

 しかしながらこういったピクサーならではの脚本づくりがあるにもかかわらず、本筋自体はやや冗長気味なのも事実です。舞台はほぼラジエーター・スプリングスのみで、そこで描かれることも実際のところは大筋に関係のないギャグシーンが大半。キャラを深掘りすると言えば聞こえがいいかもしれませんが、本当に示すべきテーマがその過程で薄まっていては意味が無いでしょう。
 それに関係し、レースカーが主人公にもかかわらず、レースシーンが最初と最後だけなのも何とも寂しい。今見ても遜色ないほどの迫力のあるCGで、手に汗握る展開を見せてくれるのだから、尚更そう思わされます。

 こういった脚本上の欠陥をいくつか抱えながらも、非常に丁寧な描写力と全体を彩るノスタルジアがそれらを上手くカバーしています。そして何より、10年以上経った今もこうして見ることができる以上、この映画が楽しい映画であることは認めざるを得ないのです。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<カーズ2 | TOP | バッドボーイズ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/765-468516f9

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント