アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/07/31 (Mon) デ・パルマ

de_palma.jpg


原題    De Palma
公開    2015年
上映時間  107分
製作国   アメリカ

監督    ノア・バームバック/ジェイク・パルトロー


あらすじ
 『キャリー』、『スカーフェイス』、『アンタッチャブル』に代表される数多くの映画を生み出してきたブライアン・デ・パルマの映画人生を彼自身へのインタビューから紐解いていく。





鑑賞日   17年7月31日
鑑賞方法  映画館
評価    4点


レビュー
 この手のドキュメンタリー映画を想像すると、大抵の場合は本人及び周囲の人たちの証言をもとに、題材となる人物の人生や考え方を浮き彫りにするものが多いはずです。ところがこの映画はそのように凝ったことは一切していません。監督のフィルモグラフィーを順に追っていき、それを監督自身の言葉でひたすら語ってもらうという何とも男気溢れる作りになっているのです。

 そもそもブライアン・デ・パルマに対してのイメージは、最近ではいわゆる「カルト映画」を量産し、タランティーノなどの多くの信奉者を生み出したというので統一されているのでは無いでしょうか。「名監督」というには近年含め駄作と言われるものも多く、なかなか評価の難しい人ではあります。その彼自身の目を通した時、一体どんな真実が浮かび上がってくるのでしょうか。
 実のところ、何か新しい事実が判明したりするわけでも、彼に対して奥深い考察がなされるわけではありません。序盤に本当に少しだけ、彼の人生について簡単に教えてくれますが、それ以降はひたすら舞台裏の話が続きます。彼の人となりや映画界への影響といった客観的事実を求めてしまえば、このドキュメンタリー映画は間違いなくドキュメンタリーとして失格と言えるでしょう。

 しかしながら、アマチュア時代の短編も含め、彼のフィルモグラフィーを徹底的に考察して行くそのスタイルは単純ながらとても興味深いのです。よく知られている通り、デ・パルマの作風には明らかに著名なサスペンス映画からの影響が数多く見て取れます。少し前まではそれについて言及されることを嫌っていたらしいですが、今作中ではあっけらかんとヒッチコックなどからの影響があることを自ら話しているのです。なぜ彼があの構図を好むのか、どうしてああいった作風が多いのか。他者によって研究し尽くされたとも言えるデ・パルマの映画論が、彼の口から語られることでより一層の真実味を帯びていることが、この作品の一線を画する点には違いありません。

 全体を通すと、いかに彼がひとつひとつの作品に対し妥協なく作っているかが分かります。見る側からすればある日公開されたただの駄作でも、彼からすれば長い製作期間を通してやっとできた完成品のひとつなのです。臨場感あふれる語り口が、彼の持つ映画への情熱をありありと伝えてくれ、駄作だったはずの映画をもう一度見たいと思わせ、名作を不朽のクラシックへと昇華させる。
 彼の作品群だけでなく、その他にある無数の玉石混交の映画たちの素晴らしさを再度認識させてくれる、シンプルなのになんともユニークなインタビューなのです。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<ウィッチ | TOP | カーズ2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/767-9aa2bb43

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント