アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/07/31 (Mon) ウィッチ

the_witch.png


原題    The Witch
公開    2015年
上映時間  93分
製作国   アメリカ/カナダ

監督    ロバート・エガース
脚本    ロバート・エガース

出演    アニヤ・テイラー=ジョイ
      ラルフ・アイネソン
      ケイト・ディッキー


あらすじ
 17世紀のニューイングランド。周囲の人間を不敬虔とし過剰に貶めたことを糾弾されたウィリアムは、家族と共に入植地を追い出され深い森の近くに住むことにした。ある日長女のトマシンが末っ子で赤ん坊のサミュエルをあやしていると、突如としてサミュエルが消えてしまう。それから一家には次々に不可解な出来事が起き、すべてが魔女のせいではないかという疑念が生じ始める。





鑑賞日   17年7月31日
鑑賞方法  映画館
評価    4.5点


レビュー
 サンダンス映画祭で上映するなり話題となり、拡大公開の結果大ヒットにつながった低予算ホラー映画です。主演のアニヤ・テイラー=ジョイもこれをきっかけにブレイクを果たし、監督を含む多くのスタッフたちにも幸運を呼んだ本作品。その内容はひたすら不気味でじっとりとした恐怖感が漂う、非常に精巧に作られた緻密なストーリーでできています。

 あらすじにもある通り、末っ子のサミュエルがいなくなったことをきっかけに一家に不幸が襲うと言う筋立てはとても単純です。これだけですと、近世の魔女狩りに影響されたホラーにありがちになりますが、『ウィッチ』はその宗教的・歴史的考察が異様なほどに細かいのです。家族が交わす会話も現代アメリカ英語とは全く異なり、今の目から見れば引くぐらい信心深い点など、当時のプリマス・プランテーションの文化を極めてリアルに描写しています。こういった点だけでも非常に興味深く、「悪魔」や「魔女」といった日本人から見るとあまりに突拍子のない言葉が飛び交っても、怖いほどに説得力を持って訴えかけてきます。

 この強固なバックグラウンドに支えられることで、妄想と現実が交錯する不穏な世界がさらに不気味に眼前に迫ってきます。実のところ本当に怖いのは超常的な存在ではなく人間であり、下手なファンタジーに逃げていない分、凍りつくような思いができるでしょう。
 もちろんそれには役者の技量が重要になってきますが、これが子役含め本当に素晴らしいのです。主演のテイラー=ジョイが見せる、神を信じきれない若い女の子の絶妙な「不敬虔さ」はもちろんのこと、両親役の2人は役への入り込み具合が凄まじい。中盤から終盤にかけての怒涛の展開は、彼らによって形作られています。

 おそらく最後の展開については賛否両論あるかもしれませんが、しっかり考察された背景があるからこそ、あのエンディングに至るまでの流れは決して飛躍しているのではないのです。信心への挑戦というキリスト教における永遠の課題を、為す術もない状況に追い込まれた中世の人間から見るとこうも恐ろしいものになる。誰もがわかるわけではない独特の恐怖心理を、絶妙なバランス感覚とテンポで映し出し、誰もが体感できるものに仕上げてしまった近年稀に見るホラーの傑作です。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<モーツァルト・イン・ザ・ジャングル シーズン1 | TOP | デ・パルマ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/768-c81861a8

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント