アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/08/30 (Wed) 俺たちポップスター

popstar.jpg


原題    Popstar: Never Stop Never Stopping
公開    2016年
上映時間  86分
製作国   アメリカ

監督    アキヴァ・シェイファー/ヨーマ・タコンヌ
脚本    アンディ・サムバーグ/アキヴァ・シェイファー/ヨーマ・タコンヌ

出演    アンディ・サムバーグ
      アキヴァ・シェイファー
      ヨーマ・タコンヌ


あらすじ
 ラップ・グループの『スタイル・ボーイズ』として一世を風靡したコナー・ローレンス・オーウェンの3人だったが、次第にコナーにばかりスポットライトが当たるようになり、彼の身勝手な性格も重なりグループは解散してしまう。そしてグループ解散後、ソロとして成功を収めたコナーの栄光と没落の軌跡をカメラは追うことになる。





鑑賞日   17年8月30日
鑑賞方法  映画館
評価    3.5点


レビュー
 ロブ・ライナーによる『スパイナル・タップ』は、80年代当時大仰しいまでに成長を遂げたロック界への愛と風刺を描いた傑作モキュメンタリー(ドキュメンタリー風のフィクション)でした。いくつかの媒体でも「21世紀版スパイナル・タップ」と評された本作は、馬鹿げた外見に反して、意外にもテーマに真摯に向き合って作られたもう一つの傑作なのです。

 21世紀のアメリカ音楽界を舞台にする以上、その標的となるのは間違いなく肥大化したポップミュージックに他なりません。ありきたりなメロディ、意味のない歌詞の繰り返し、しつこいほどのラップパート。そのようないわゆるステレオタイプを的確に観察し模倣した曲を冒頭から湯水のように使用し、観客をエゴの渦巻く世界へと映画は放り込みます。(ただし関わっているミュージシャンが大物ばかりなので、「あれ、いいなぁこの曲」とそのキャッチーさに多くの人は惹かれるでしょう。)

 もちろんパロディはそれだけにとどまらず、ポップアイコンそのものにも切り込んでいきます。今回主役であるコナーは、昨今話題に上がるスターたちの悪いところの寄せ集めのようなキャラクターです。取り巻きを侍らせ、自分が王様だと言わんばかりに傍若無人に振る舞いますが、数々のプロデューサーを揃えた自作のソロアルバムは大爆死。その自作の曲も、社会へのピントのずれた提言や女性蔑視に塗れ、そのひどい私生活も相待って多くの批判にさらされていきます。不思議なことに、ここまで極端でなくとも似たような人間が思い当たってしまう点がこの映画の怖いところでしょう。

 上記のような直接的に音楽に関わる部分はもちろんのこと、その他の馬鹿げた小ネタも含め、かなり念入りに構成されているので妙な信憑性を持っているところから製作陣の力の入れ具合がわかります。監督・製作・脚本・主演を担当した『ロンリー・アイランド(3人組のコメディグループ)』が自分たち自身の関係性をそのまま劇中の役に取り入れている点も、不思議なリアリティに一役買っているのでしょう。バラバラだった3人が如何に仲直りするのかという物語上の軸になるエピソードがなかなか感動的なのも頷けます。

 惜しむべきは、その仲違いした『スタイル・ボーイズ』の関係に話がフォーカスしていくので、前半では怒涛の勢いで描かれた風刺的描写が次第に薄れていくことでしょう。モキュメンタリーというスタイルが唯一無二の価値を生み出していたにもかかわらず、最終的にそこから離れてしまっては普通のフィクションのコメディ映画と大差ありません。ドキュメンタリータッチという構図から軸足を動かさなければ、真の意味での「21世紀版スパイナル・タップ」になれたかもしれません。

 そのような欠点はあるものの、それがこの映画の笑いの要素を損なうようなことはありません。アメリカ音楽を知る人ほど、「俺たちポップスター」の馬鹿げたパロディに終始笑わされることに違いはないのですから。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<ターミネーター | TOP | ザ・ロック>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/771-b8ad1127

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント