アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/08/31 (Thu) ターミネーター

the_terminator.jpg


原題    The Terminator
公開    1984年
上映時間  108分
製作国   アメリカ

監督    ジェームズ・キャメロン
脚本    ジェームズ・キャメロン/ゲイル・アン・ハード

出演    アーノルド・シュワルツェネッガー
      マイケル・ビーン
      リンダ・ハミルトン


あらすじ
 近未来の世界では人間と機械の間で戦争が行われており、一時絶滅の危機に追い込まれた人間たちだったが、一人の男ジョン・コナーの指揮のもと、次第に優勢へと転じていた。しかしジョンの存在そのものを消すために、機械軍を指揮する人工知能スカイネットは殺人サイボーグ「ターミネーター」を、ジョンが生まれる前のロサンゼルスへと送り込んだ。
 知らないうちに危機にさらされることになったジョンの未来の母親サラを救うため、人間側から兵士カイル・リースもまた送り込まれ、ターミネーターとの戦いを繰り広げる。





鑑賞日   17年8月31日
鑑賞方法  Hulu
評価    4.5点


レビュー
 ジェームズ・キャメロン自身の手による2作が製作された後、大型フランチャイズと化した『ターミネーター』シリーズですが、後年のいくつかの作品は正直な話できがいいと言える代物でないものもありました。しかしながらB級映画のコンセプトを見事なSFアクションへと流用した本作は紛れもない傑作でしょう。

 これ以降手がける作品が軒並み高予算の超大作ばかりとなるキャメロン監督ですが、『ターミネーター』を見るたびに、彼の手がける映画の面白さは予算のおかげではなく彼の才能によるものだと再確認させられます。低予算であること、スターとはまだ言えない出演陣、あまりにも特徴的すぎる訛りを持つ筋肉男。ぱっと並べただけでも失敗しそうな要素ばかりですが、それらを逆転の発想で使いこなし、緊迫感溢れる一級品に仕上げてしまうのは神業と言う他ないでしょう。

 もちろん監督の腕前のみならず、メインの3人がとても良い仕事をしている点も映画の素晴らしさのひとつになっています。どちらかというと押しの弱いタイプのリンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーが、続編『ターミネーター2』で見られるような"強い女性"に変貌していく様はとても丁寧に描かれています。本作中では目に見える行動で示すわけではないものの、表情の作り方や口調からその強い意志が伝わり、彼女こそシリーズの中心であることを改めて思い知らされるのです。
 今や完全なB級映画でしかお目にかかれなくなったマイケル・ビーンもまた、80年代当時はピークにあったことをどんな人間でも理解できるでしょう。荒廃した未来世界で過ごした男が、写真でしか知ることのなかった女性を目の前に恋に落ちるという、文面にするとバカみたいなシチュエーションでも、彼の瞳を見れば納得してしまうというものです。

 そして何と言ってもアーノルド・シュワルツェネッガー。映画史においてこれほどアイコニックな悪役はダース・ベイダーぐらいのものでしょう。サイボーグであれば関係ないはずなのに鍛え上げられた筋肉や、80年代特有のレザーファッション、そしてきちんと理由付けがされているサングラスという3点セットは、数々のパロディになりながらもやはり本物を見ると心惹かれてしまいます。
 ほとんど口を開かず、たまに話したかと思えば棒読み気味のオーストリア訛りで"I'll be back."。ほとんどSF要素が見当たらないのに、彼の演技が妙にSF感を醸し出しているのも、まさに奇跡です。皮肉に聞こえるかもしれませんが、だれでも1度目にすれば2度と忘れることのないほど印象的なのですから、間違いなく名演と言えます。

 当然、CGIのチープさやあくまでB級である点など、現在の視点から見れば目につく点は多々あるものの、数あるSF・アクション映画でこれほど面白い映画は未だになかなか出会えないでしょう。まだ見たことがないなら今すぐにでも見る必要があるでしょうし、見たことがあるなら何度だって見るべき真の傑作です。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<ターミネーター2 | TOP | 俺たちポップスター>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/772-8ba5959b

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント