アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/10/13 (Fri) 櫛 - 夢博物館から

comb.jpg


原題    The Comb (From The Museums Of Sleep)
公開    1990年
上映時間  18分
製作国   イギリス/フランス

監督    ブラザーズ・クエイ (スティーブン・クエイ/ティモシー・クエイ)

出演    ジョイ・コンスタニーニデス
      ウィトルド・シェイボル




鑑賞日   17年10月13日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    4点


レビュー
 こちらは『ストリート・オブ・クロコダイル』に比べると、より“悪夢”といった趣が強い作風に仕上がっています。テリー・ギリアムによる『Dr.パルナサスの鏡』の夢のシークエンスにおけるハシゴの場面は、この映画からダイレクトに(ほぼパクリといっていいほどの)影響を受けています。それだけインパクトの大きい作品であることの証拠なのです。

 一定の流れがあることはこちらでもなんとなく察することはできますが、これを論理的に文面で説明するのは不可能に近いでしょう。実写パートで出てくる女性の夢の内容がストップモーションで表現されていて、おそらく彼女の中で強いイメージとなった櫛が悪夢のモチーフとなっています。しかしながらそれらの関連性や、度々登場する性的な暗喩などが意味するものを具体的に指し示すことは難しいのです。強いて言うのであれば、実際に私たちが見る「夢」が持つ表象にはかなり忠実だと言えます。合理性に欠ける場面の連続や、不気味であるにも関わらずずっと見ていたいという矛盾した感情が沸き起こる点など、(あくまで個人的な考えですが)睡眠中に見る夢に覚える感触にそっくりなのです。まさに夢博物館という副題に沿う内容です。

 外的な部分に関して言及すると、遠近感を意識しつつも二次元的な構図が多いのも特徴的で、見かけの衝撃だけでなく、兄弟によって作品ごとに綿密なアイデアも組み立てられていることが裏付けられます。埃っぽい薄汚さと同時にどこか洗練されていて、スチームパンク的な要素も見られた『ストリート〜』と比較すると、より退廃的で露骨に恐怖感を煽る造形の人形になっているのもそういった工夫の一つでしょう。

 色々と説明しても、やはり直接見るのには敵いません。もし少しでも惹かれるものがあれば、あなたもクエイ兄弟の世界から抜け出せなくなるに違いありません。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<イン・アブセンティア | TOP | ストリート・オブ・クロコダイル>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/786-e53c3648

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント