アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/10/13 (Fri) Quay (原題)

quay.jpg


原題    Quay
公開    2015年
上映時間  8分
製作国   イギリス

監督    クリストファー・ノーラン

出演    スティーブン・クエイ
      ティモシー・クエイ



※こちらは“Quay”の予告編ではなく、ツァイストガイストによるブルーレイのCMです。


鑑賞日   17年10月13日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    3.5点


レビュー
 クエイ兄弟から多大なる影響を受けたと自負するクリストファー・ノーランは、2015年に『ストリート・オブ・クロコダイル』、『』、『イン・アブセンティア』の35mmフィルムにリストアを施し、再上映会を各地で行いました。その際に同時上映として放映されたのが、ほとんどがノーラン自身の手によるクエイ兄弟に焦点を当てたドキュメンタリー“Quay”です。残念ながら日本ではまだ発売されていないようでして(ブルーレイのブラザーズ・クエイ短編集に収録する予定もあったそうですが)、アメリカもしくはイギリス版のブルーレイにのみ収録されています。

 この作品はドキュメンタリーとしては変わった手法が取られています。まずはノーランの大好きな35mmによって撮影されている点でしょう。兄弟の薄暗い工房がこのカメラのレンズを通すと、まるでこだわり抜いて作られた映画のセットのようで、窓際での場面を多く取り入れることで、家の外側と別世界であることを印象付けています。
 さらにインタビューらしいインタビューが行われていないこともユニークなポイントの一つです。実際に作品で使われた人形やセットに関して兄弟が説明を行うのですが、彼らのペースで自由に話しているような空気感を絶妙な編集で作り出し、ノーランと共に兄弟のプライベート空間に迷い込んだかのような体験をもたらしてくれます。

 ただし後者に関しては難点も存在しています。言ってしまえば、兄弟が好きなことを話しているだけなので、彼ら自身の素性や作品に関する何かが具体的に見えてくるわけではなく、見方によってはドキュメンタリーとして成立していないのです。ですがこれはノーランの意図的な演出で、ブラザーズ・クエイの魅惑的かつ退廃的な作品群の秘密を無理やり解き明かすのではなく、あくまで一人のファンとして生誕地を映像として切り取っているに過ぎないとも言えます。いずれにせよ、ある熱狂的なファンの目を通した工房の様子は、兄弟を知らない人間の目からも憧れに満ちた光でいっぱいになっているのです。

 8分間という短すぎる上映時間が美点にも欠点にもなっていますが、クエイ兄弟という多大な影響力の持ち主がこの世に存在することを知らしめたことには大きな意味があり、既に彼らを知っていた人にとっても魅力の再確認につながるでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | イン・アブセンティア>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/788-d5ebf306

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント