アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2018/04/16 (Mon) サンライズ

sunrise.jpg


原題   Sunrise: A Song of Two Humans
公開   1927年
上映時間 95分
製作国  アメリカ

監督   F・W・ムルナウ
脚本   カール・メイヤー
原作   ヘルマン・ズーダーマン『Die Reise nach Tilsit(原題)』

出演   ジョージ・オブライエン
     ジャネット・ゲイナー
     マーガレット・リビングストン


あらすじ
 ある田舎での話。そこは避暑地としてそれなりの人気を博しており、都会から来た女もその一人だった。そこに家族と住むある男は彼女との逢瀬を重ね、それ以外の時間はたとえ妻の前でも生気を失ったように日々を過ごすだけであった。そんなある日、都会の女に唆された男は、彼女との生活を始めるために妻の殺害を決意する。そうとは知らない妻は久々の夫との外出を喜び、2人は対岸へと船を漕ぎだすのであった。





鑑賞日  18年4月11日
鑑賞方法 DVD
評価   3.5点


レビュー
 言わずと知られたサイレント期ハリウッドの名作。原題とほぼ同じ長さでの上映、かつ昨今の映画と比較してとても地味なストーリー展開。現代人が敬遠する要素が盛りだくさんですが、実際にはどうなのでしょうか。

 上記のあらすじではなかなかにサスペンスフルな印象を受けるかもしれませんが、こちらのストーリーは最序盤での話。それ以降は純粋なロマンスものとして捉えた方がいいでしょう。というより、この序盤における殺人計画の筋書きはお粗末もいいところです。もちろんそこに描かれる男の浅はかさが後々の夫婦の深まる愛への布石となるわけですが、いくら1920年代とはいえもう少しどうにかならなかったのでしょうか。妻を殺してまで手に入れたい女であるはずなのに、その都会の女との関係も大して掘り下げられないので、男がただただ間抜けな人間に思えて仕方がないのです。牧歌的な雰囲気すら漂っている殺人計画など、最早ストーリーとして機能していません。

 しかしながら、そこに伴う映画的描写はなかなかに目を見張るものがあります。男を演じるオブライエンは少々大げさではありますが、妻との愛を忘れた陰鬱な男を全身で演じています。そんな彼の演技に応えようとカメラもまた、現代に通ずる多彩な動きを見せてくれます。逢瀬の場へ向かう彼をじっとりと追いかけるカメラや、都会の女と妻との間で揺れる彼の表情を大写しにしたりと、極力言葉を用いることを排除しているがゆえに工夫された演出が見受けられます。
 また殺害を決意した後の男の表情をはっきりとは映さず、真実を知らない妻のあどけない表情をひたすらに追いかける点なども観客の不安を煽ることに効果的にはたらいています。このように登場人物自身に不安そうなセリフを言わせたり素振りをさせたりすることなく、婉曲的な表現(二人を追いかける犬、水面から一斉に飛び立つ鳥など)を用いるという選択をしたのは、監督が映画という媒体を誰よりも理解している証拠でしょう。実際その後に続く船上での場面は今見ても恐ろしく、この映画が持つマジックの一つ目であるともいえます。

 では二つ目のマジックは何か。その後の一連のシーンすべてです。私はこれほどまでに美しい流れを見たことがありません。
 後一歩のところで殺人を思いとどまった男が船を対岸に着けるところから始まります。男に恐怖した妻は必死に逃げ惑うのですが、その時初めて一言も話さなかった男が「俺を怖がるな」と口にするのです(もちろんセリフ字幕でですが)。序盤はあえて男に喋らさないことにより、男の主体性のなさ、生気が失われている様を描いているのですが、この時は表情にも力が戻っています。変な話ではありますが、妻がいなくなるかもしれない状況に直面することで初めて彼女への愛を再確認したのです。
 ここからはただひたすらに、二人のすれ違いが映し出されます。狭い車内での掛けるべき声がわからないもどかしさ、殺意から一転した真の優しさに触れてしまい溢れ出す涙など、白黒の映像ならではの光と影のコントラストが繊細な感情をより一層引き立てます。しかもこの間、台詞と言える台詞はほとんどありません。それにも関わらず、作中はもちろんのこと、映画史上最も真実に近い瞬間を生み出したのは筆舌に尽くし難いことです。
 特に二人が通りの脇に入る場面。その後の男が実際に改心する場面は白人的な宗教色が色濃くにじみ出ていますが、こちらは文句なしのロマンチックなシーンでしょう。陰陽と動静を音を使わず見事に対比することで描き切った二人だけの瞬間は、本当に息を飲む素晴らしさです。この瞬間を見るためだけでも、この映画に90分を使う価値はあるというものです。

 これ以降の場面も悪くはないのですが、如何せん前半との繋がりがちぐはぐなのです。それまでのシリアスなトーンとは一転し、妙に軽快なタッチへと切り替わり、今まで見ていた映画と同じものか目を疑うほどです。ここだけを切り取れば良くできた演出も多いものの、前述した男の性格の軽薄さを観客の頭に植え付けている以上、どうにも「真実の愛」というよりは「日常のデート」といった域を抜け出せていないように思えます。古いハリウッド映画らしい、悲喜こもごも何もかもてんこ盛りにしている醍醐味とも言えるのですが。

 けれどもこういった素晴らしいシーンの数々を台無しにするものがこの映画にあるのも事実です。『サンライズ』が時代を超えて、すべての人に愛される映画とはならない原因、それは根底に流れる「古き良き男女愛の理想」にあります。
 そもそもこの物語、都会の女にほだされた男がすべての元凶であり、彼の判断力の無さが招いた悲劇なのです。にも関わらず、最後に夫婦はハッピーエンドを迎え、制裁を受けるのは都会の女だけ。ハリウッド的大団円を全否定する気はありませんが、これではテーマも捻じ曲がるというもの。まるで、自由奔放で豊かな暮らしをしている女性は男を惑わす悪魔であり、質素で清楚な女性こそ妻にふさわしいというあまりに古びた価値観の押し付けとも取れるのです。男女観、もとい男女の垣根すらも取り払われようとしている現代では絶対に通用しない価値観のせいでこの映画は後世に残ることができなかったのでしょう。

 だからといって、テーマだけが映画の判断基準ではもちろんありません。現代映画に比肩するどころか、遥かに優れた部分があるのも事実。少なくともはっきりしているのは、この映画がなければ今のハリウッド映画は違っていたということです。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | 犬の生活>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/791-19b17a62

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。